DQ6 Extended(拡張ベースパッチ)作成にあたっての考慮点3

主に自分のメモ用。セーブデータ拡張、アイテム数拡張がメイン。アイテム拡張をしないまま地底魔城前までデバッグをしながらテストプレイをしたが、もう1回やり直すのがだるくなったのでテストプレイを中断し、アイテム拡張などの作業をやって最終形にしてから再度プレイすることにした。オリジナルとのセーブデータとの互換性は捨てる。セーブデータは32KBに拡張する。拡張領域は1セーブデータに付き0x0600Byte割り当てる。ふくろ周りの作業は終了している。作業進行度合いは40%くらいか?ウィンドウ関連で最大表示選択肢数が255ということもあり、M,Xフラグを意図的に立てて1バイト管理にしている箇所が多かったので2バイトに変更するのが結構大変だった(主に該当箇所の把握が)。ウィンドウ表示用のメモリ自体は2バイト確保されているのだがそこにセットするプログラムが軒並み1バイトで書いてあるという印象。選択肢が256個を超えるのはふくろの中のアイテムを操作するときだけなのでそこだけ1バイトを超えてもハンドリングできるようにしてあれば他はいじらないでも影響はないと思われる。

データ系

  • ふくろのアイテム数 7E3F0B-400A→7E2E80-2FFF(全383個)
  • ウィンドウ表示時のフラグ 7E3848-7E3867→7E3F10-3F3F(30バイト)
  • 各キャラクターのアイテム情報 7E4043-404E→7E4041-404E(14バイト、2バイト前倒しにして9ビットずつ使う、チートでいじるのは難しくなりそうwww)
  • キャラクターリスト 7E3EEE-3F05→7E3F40-3F58(とりあえず24バイト、36バイトまでリザーブ)
  • 仲間になった順番 7E400D-7E4024→7E4001-7E4018(とりあえず24バイト、36バイトまでリザーブ)
  • 各キャラクターデータ先頭アドレス 042638-2668
  • 各キャラクター熟練度先頭アドレス 042669-2699
  • 各キャラクター特技習得先頭アドレス 04269A-26CA
  • 各キャラクター初期アイテムの9bit化

各キャラクターのアイテム情報は空き領域を使うので拡張の必要はない(個別作戦にした場合も余裕はある)。キャラクター数の増加、職業データ、特技習得データを拡張した場合に連続して空いている領域を探さないといけない。熟練度は19→30バイト*36人分で1,080バイト、特技は20→30バイト*36人分で1,080バイト連続した領域がほしい(厳密には連続である必要はない)。

プログラム系

  • ふくろのアイテム管理
  • ふくろのアイテム表示
  • ふくろのアイテム情報の初期化
  • ふくろのアイテム情報のセーブ&ロード
  • キャラクターのアイテム管理・つかう
  • キャラクターのアイテム管理・わたす
  • キャラクターのアイテム管理・すてる
  • キャラクターのアイテム管理・そうび(装備品追加)
  • キャラクターのアイテム管理・そうび(装備品入れ替え)
  • キャラクターのアイテム管理・そうび(装備品削除)
  • キャラクターのつよさ画面でのアイテム表示
  • キャラクターの装備画面でのアイテム表示
  • キャラクターのアイテム表示
  • キャラクターのアイテム情報の初期化
  • キャラクターの初期アイテム情報の9bit化
  • キャラクターのアイテム情報のセーブ&ロード
  • セーブデータのチェックサムを拡張領域も含めるか?
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。