DQ3 Extended 一覧

DQ3 Extenedのススメ

先日質問を受けて不思議に思ったのが「なぜDQ3の改造にDQ3 Extended(最新版はv1.444)ではなくオリジナル版を使うのか」ということです。DQ3 Extendedという素晴らしいパッチの存在が十分周知されていないのではということで、「なぜDQ3 Extendedを使うべきなのか」を使用者の観点からつらつら書いていこうと思います。

DQ3 Extended

続きを読む


DQ3 Extendedで戦闘中のダメージ表示がオリジナルより遅くなる?

少し前にスレ11の548で指摘のあった点です。自分も試してみましたが、遅いような遅くないような、いまいち判断付きませんでした。86氏の指摘では「耐性防具を増やした際の余計なループが関係しているのでは」ということでした。確かに耐性防具の数はオリジナルの15から64に大幅に拡張され、さらに耐性判定の際には武器~アクセサリまで5回ループするので、ループ数は最大75(15*5)から320(64*5)へと大幅に増えます(回避判定時にも同じような部分があります)*1。そこで指摘した方に確認をしてもらいたいのですが、DQ3 Extendedを当てた状態で下記の部分を変更して、有意な違い(オリジナルと同じ動作)が得られるかどうかやってみてください。結果はスレに書いてもらえばOKです。

続きを読む


スポンサーリンク

DQ3 パレットアクセス拡張(挫折)

現在DQ3 Extended ver1.43を改造のベースとして使用しているのですが、各種データ系のレコード数が大幅に拡張されています。が、1つ空きが余りないデータがあります。それがパレットアクセス($5E0000-)なのですが、既に938/1024レコード使用されており、未使用はわずか80レコード前後に過ぎません。これはパレットアクセスのインデックスが各所で10ビットで定義されているため、どうしようも無い制限なのですが、80というのはあまりに少なすぎます。モンスターの色違いを定義するだけで1レコード消費、新しい呪文のエフェクトをDQ6から引っ張ってくるのにまた数レコード消費と、かなり根っこの部分で共通で使われるデータなので消費量が多いのです。既にリリースしているDQ3SFC K.Mixでも調子にのってバンバン使ったせいで、気がつけば残り40レコードとなってしまい、「これは本格的にヤバイ」ということでなんとかならないか考えてみました。案としては以下の2つです。

  1. モンスターのパレットアクセスIDは1-7フィールドが空でもったいないのでそこを詰めて使用する
  2. パレットアクセス2ともいうべき10ビットマックスのデータを別に定義し、特定の一部のプログラムはそちらを使用する

続きを読む


DQ3 各種データレコード数拡張作業メモ

今回の改造作業は86氏作成のDQ3 Extended ver1.43を使用しているのですが、追加でいろいろなデータのレコード数を増やしています。作業の基本は(一部例外はありますが)

  1. 拡張後のサイズを格納できる領域を探す
  2. データを移動する
  3. レコード数を増やす
  4. データを参照しているSRを全て探し出し、参照先のアドレスを移動後のアドレスに変更

という作業が1セットになります。 続きを読む


スポンサーリンク