DQ3 K.Mix 1.9.8rc3リリース


例によって「ダウンロード」ページにうpしてあります。

今回はデバッグ・調整のみ行っています。ゲーム性の変更はほぼありません。

AIの見直し

AIポリスに指摘され、色々見直しをしています。見直す中でバグっていた箇所も発見したので合わせて修正しました。各種AIで使用しているアドレスの意味を完全に忘れてしまい、アドレスの意味を書いたメモを見ながら作業していたので結構時間がかかりました。

AIの評価にターンコストを考慮

AIがゾンビ斬りを非ゾンビ系にも使うのはターンコストをコストとして見ていなかったことがわかったので修正しています。どっちにしろゾンビ斬り、ドラゴン斬りは今回非ゾンビ系、非ドラゴン系に対して使用するとダメージが減るすようにしたので意味なくゾンビ斬りを使うことはなくなったと思いますが。

「モンスターの未発見の耐性の推論」が動作していなかった問題の修正

前回のテストプレイあたりで「どうも初見のモンスターへの呪文攻撃が的確だなあ」と思っていたので調べたところ、耐性に関して学習機能が動作していなかった問題があることがわかったので修正しています。修正して念のためにテストプレイしていたら意味もなくメタルスライムにいかづちのつえやルカニをぶっ放し始めたので、デバッグする気が失せしばらく放置していたのは秘密です(その後問題の箇所は特定して再修正したのでちゃんと動くはず)。

モンスターの脅威値算出方法の変更

今までが雑すぎたので、モンスターの行動パターン(崖・坂道・ローテ等)に応じて驚異値を算出するようにしました。また、完全初見のモンスターの驚異値は4種類(打撃・呪文・ブレス・その他)全てモンスターレベルの値をセットするようにしています。その影響で後半に行くと初見のモンスター相手に意味もなくフバーハを実行することもあるようです。もちろん学習していって全部の行動が明らかになれば無駄な行動はなくなるはず。

その他バグ修正

メルキドのメダル逆引きババアの台詞が一部間違っていた問題、アンゴラの格闘場の景品絡みの問題、最後尾のキャラが単体攻撃のターゲットにならないことがある問題を修正しています。アンゴラの格闘場の景品絡みの問題は手元で再現させることができなかったので、かわりに安全弁として、選択される景品のインデクスの範囲(0~6)以外の値が返ってきた場合、いのちのきのみ(インデックス:6)に強制変換して意図しないアイテムを入手してしまう問題を防ぐようにしました。

(8/2追記)rc2に更新

rc2に更新しました。メダル逆引きババアの台詞ミスが再度見つかったため再修正しました。

(8/9追記)rc3に更新

ため系の状態が「じょうたい」ウィンドウに表示されていなかったのに気がついたので追加しました。

また、みかわし系のバフのカウントダウンのタイミング(ため系も同様)が他と異なり、ターン終了時に行っていないために実情と乖離していたので合わせました。

あとは、戦闘中にY・Rボタンを押すといかなるウィンドウからも全コマンドをリセットした状態に戻す機能を追加しました。移動中メニュー表示中にY・Rボタンを押すと全ウィンドウがクローズするのと似たような感じです。AIのおかげでボス戦くらいでしか出番はないと思いますが。本当はXボタンで「じょうたい」ウィンドウを表示というのをやろうと思ったのですが、ボタン入力周りの実装がどうなっていたか忘れてしまいww、とりあえず戦闘中はA・B・スタートボタン以外遊んでいるボタンを手軽に有効活用しようということでこうなりました。

DQ3改造
dq_492をフォローする
レトロゲームハッカーズ

コメント

  1. りゅうほう より:

    はじめまして。いつも楽しませていただいています。
    SFC版DQ3がこうだったら…という夢をかなえてくれた素晴らしいパッチです。
    開発にはたくさんのご苦労があるかと思いますが、長きにわたって進化を続けてくださることに感謝せずにはいられません。本当にありがとういございます。

    これからもご無理をなさらず楽しく制作を続けてください。応援しています。

    管理者より返信:

    プレイしていただきありがとうございます。暇なときにたまーにやり直してもらえる存在になれれば幸いです。

  2. long より:

    いつも更新ありがとうございます。

    開発は、SFCGENEditor等を使うとのことでしたが、要するにバイナリデータをそのままいじっているということですよね?
    畑違いの仕事の私から見ると(C言語かそれ以上の高級言語しか触ったことがない私からみると)気が遠くなりそうです。

    本題ですが、
    DQ3 K.Mixのromデータやstate saveなどのデータは、
    どのような過去バージョンとの互換性があるのでしょうか?
    例えば
    1.97→1.9.8rc2
    とかは大丈夫なのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    管理者より返信:

    何も考えずにパッチをオリジナルROMに当てなおし、単に冒険の書からゲームを再開すればいいようにしてあります。(なのでリリースするパッチのファイル名にはバージョン番号を付加せず、常に同じにしています)

    過去バージョンのセーブデータの補完処理は必要に応じて「冒険の書」のロード時点で行っています。ステートセーブではなく通常の手順でデータをロードしてください。補完処理は極力やっていますが、あまり古いバージョン(0.9.x系とか)はちゃんと動くかは不明です。

  3. 匿名 より:

    「じょうたい」ウィンドウの
    バイやフバの、▼とはどういう意味でしょうか…?バイキルトが下がっている?

    しゅびやすばやさの▲は、スクルトやピオリム、▼はルカニやボミオスですね?

    管理者より返信:

    一時期非専門職のバイキルト・フバーハは効果を下げるというペナルティを導入していたのの名残で今は存在しない状態です。余計な誤解を招くので後で画像を差し替えます。

タイトルとURLをコピーしました