DQ6改造 一覧

DQ6 Extended(拡張ベースパッチ)作成にあたっての考慮点2

DQ6 Extendedの作成はモンスターレコードの上限を+256にする部分が一番厄介だったものの、サイズの大きいデータの移動は終わっており、残すは本丸のアイテムレコードの上限を+256にする部分以外はだいたい終わったりしています(ショップやおしゃれな鍛冶屋のアイテムを9bit対応するのは先駆けて終わっています。こっちのほうが楽)。思ったより作業速度が早いのはバイナリwikiの(おそらく)45氏によるドキュメントのお陰でどこに何があるかはだいたいわかるので助かっているというのもあります。先人の知識の蓄積に感謝します。

続きを読む


DQ6 Extended(拡張ベースパッチ)作成にあたっての考慮点

DQ6の改造は今のところ断片的なアイディアはあるものの、それほど思い入れもないせいかシステム面の変更以外はあまりやりたいことも思いつかないわけですが、現状DQ3のような拡張パッチもないためにちょっとしたメッセージの変更すらままならないという状況なので、作業をするにはまず土台からということで何をやらないといけないかを思いつくまま列挙していきます。DQ3 Extended同様、オリジナルのゲーム性には一切手を付けないことを前提とします。ちなみにSFC版DQ5はちょこっと解析をやっていますが、改造したいという気がまるで起きないせいか(文句があるならDS版やればいいとしか思わないし、それくらいDS版の出来はいいと思います。特産品というアレは置いといて)、びっくりするくらい解析も進みません。やはりモチベーションは重要なようです。

続きを読む


スポンサーリンク

DQ6 呪文ダメージに賢さによる加算をする

久しぶりの質問回答コーナーです。お題は

DQ6で呪文ダメージに賢さによる加算をする

続きを読む


DQ6SFC IFIMP 2.0rc3リリース

久しぶりの更新です。例によって「ダウンロード」ページにうpしてあります。一発リリースというわけには行かず、とりあえずのテストリリースです。主な変更点は以下の3点です。

  1. 移動中のXボタン・Yボタンの役割の入れ替え(SFCDQ3準拠)
  2. 移動中メニュー表示中に、Yボタン、Rボタンで全ウィンドウクローズ(SFCDQ3準拠)
  3. 移動中のつよさウィンドウに熟練度を数値で表示(★1~8)

DQ3の操作に慣れてしまっているので違和感を感じた部分を重点的に作業しています。ただ、まだあやしい動作をすることがあるのは認識していて、夢見の洞窟(ミレーユがパーティに未参加状態)でふくろのなかの薬草を使用したところ、メッセージウィンドウが閉じないという現象が起きました。もう1つ、ベストドレッサーコンテスト後に袋からアイテムを出して装備した時におかしな動作をしていました。うかつにもsnes9x 1.53でテストしていたのでステートセーブをデバッガでロードできず、再現方法も不明のままです。原因を特定しrc3で修正済みです。というわけで、テストにご協力いただける方はsnes9x 1.51でプレイしていただき、問題発生時のステートセーブを送ってもらえると大変助かります。

また、ウィンドウ高速化パッチとの併用は現状パッチを当てる順番に注意する必要があります。詳細はreadmeを参照して下さい。ウィンドウ高速化パッチの作者様が対応を検討していただけるとのことなので対応後は順番関係なくいけるはず。rc2以降順番は関係なくなりました。rc3現在、ウィンドウ高速化パッチとの併用はできません。正式リリース時にどうするか検討します。

続きを読む


スポンサーリンク

DQ3/6 DQ6のBGMをDQ3にインポートする(逆も可)

画像だけインポートしてあるあの御方をだそうと思い、「BGMも合わせたいよなあ」ということでDQ6のボス戦BGM(ID:#$13)をそっくり抜いてDQ3に移植したのですが、さすがにそれだけでうまくいくほど甘く無いということで以下のようになりました。簡単に確認するために、デバッグのサウンドテスト用のプログラム部分をちょこっと弄る必要があります。

  • SR: $01CDEA デバッグBGMテスト
01CDFACMP #$0180A>=#$0180?#017Fから変更
01CDFDBCC #$03if(c==off) goto $01CE02
01CDFFLDA #$017FA=#$017F#017Eから変更

DQ3のオリジナルのBGMは0~#017Eなので、入力値をチェックしてクリップしている部分を1づつ増やす必要があります。なお、音楽データインデックス($0723BC-)も前後に空きが無いので別の場所に移動し、あわせてこのデータにアクセスしているSRを変更しています。レコードごとのアドレス情報を持っておらず、直接アクセスしているので作業量は比較的少なくてすみます。というわけで早速テストしてみます。

続きを読む


1 2 3 4 5 6