DQ3 メガザル実装2

前回の実装でメガザルを実行したときの効果の実装は終わりました。残りは術者を死亡させる処理ですが、これはとても簡単です。まず、SR: $028A96を見てください。

続きを読む


DQ3 メガザル実装1

およそメガンテと言う呪文はDQをプレイして使ったことがないんですが、敵に使われた記憶もあまりなくて、DQ2でデビルロードに連発されて唖然としたくらいしか実際にお目にかかったことがありません。あの理不尽な死が今となっては懐かしい・・・。というわけで存在意義が怪しいので、DQ4-6でおなじみのメガザルを代わりに僧侶専用呪文として導入することにします(メガンテ自体は残すので爆弾岩は使ってきます)。まずはDQ6でメガザルの動きを確認します。

  1. 死者にはザオリク、生者にはベホマの効果
  2. 使用後術者は死亡
  3. 消費MPは全MP

続きを読む


スポンサーリンク

DQ3成長限界上昇パッチとバランス調整1

ダウンロードURL

ゲームレビューとはちょっとずれるんですがこの手の話題がないので他のパッチのレビューを書いてみたら自分の気になる点の駄目出しばかりになっていたので、まあご容赦ください。このパッチはDQ3のステータス(HP、MPを除く)の最大の値を500まで引き上げるというものです。作者の45氏によると、「詳しいことはオリジナルと比較して調べろ」とのことなのでやってみました。オリジナルではPC*1のステータスは$7E3950から$0C-10まで1バイトずつ割り当てられています。1バイトしかないのでそのままではどうやっても増やせません。というわけでこのパッチではレベルアップのときしか使われない隠しパラメータの各ステータスの小数点部分($11-15)の1バイトのうち下位1ビットを流用しています。この小数点部分は256以上になるとステータスが1上がる、というものらしいので、下位1ビットを使っても大勢には影響はない、ということのようです。Readmeに「セーブデータを引き継ぐと能力値が256増えていることがあります」とあるのは、この下位1ビットがONになっている場合はステータス値が#$01FFとなる、ということだと思われます。また、ステータス値取得/変更時のビット操作などの処理は$04F820-$04F937に集められています。なのでこの部分は他の変更に使用しないように注意する必要があります。これから実装する予定の「職業ごとにステータスの最大値を変える」という変更はこのパッチをベースに行うつもりですが、ステータス値の限界が上がることによって、オリジナルでは想定されていなかった弊害が起きたり、バランスが崩れる可能性があります。わかっている限りでは以下の2点です。

  1. 運のよさが320を超えるとザキなどの呪文に確実にかかるようになる
  2. 素早さが一定値以上になると確実に先手が取れる(予想)

1点目はドラクエバイナリスレで指摘がありました。対処法の議論がされてたと思いますが、ログが今見当たらないのでとりあえずパスです。2点目は目に見えないと思いますが、500近くまで素早さを上げてしまうと確実に先手が取れてしまい、ゲームのバランスがおかしくなります。モンスターの素早さの値の最大値が255でサイズが1バイトなのでこれも簡単には拡張できません。次回はこの点についての考察を続けようと思います。

*1:プレイヤーキャラクター


DQ3 使用できる呪文の変更2

残りは戦闘行動の設定と呪文習得の設定です。まず戦闘行動ですが、必須の設定項目は

  • 行動プログラムアドレス(6-8バイト)
  • 対象数(21バイト目0-1ビット)
  • 選択対象(22バイト目0-2ビット)

続きを読む


スポンサーリンク

DQ3SFCEditor 0.6.3リリース

メッセージ、戦闘メッセージの編集にROMをぶっ壊す深刻なバグが見つかったので修正しました(壊れたROMなおすの大変だった・・・)。いつものごとくろだからダウンロードできます(後日変更:サイト上部のナビゲーションメニューの「DOWNLOAD」からダウンロードしてください)(ダウンロードURL)。ろだの運営者さんに感謝です。あと、バックアップはまめに取りましょう。


1 99 100 101 102 103 104 105 106