改造 一覧

DQ3成長限界上昇パッチとバランス調整1

ダウンロードURL

ゲームレビューとはちょっとずれるんですがこの手の話題がないので他のパッチのレビューを書いてみたら自分の気になる点の駄目出しばかりになっていたので、まあご容赦ください。このパッチはDQ3のステータス(HP、MPを除く)の最大の値を500まで引き上げるというものです。作者の45氏によると、「詳しいことはオリジナルと比較して調べろ」とのことなのでやってみました。オリジナルではPC*1のステータスは$7E3950から$0C-10まで1バイトずつ割り当てられています。1バイトしかないのでそのままではどうやっても増やせません。というわけでこのパッチではレベルアップのときしか使われない隠しパラメータの各ステータスの小数点部分($11-15)の1バイトのうち下位1ビットを流用しています。この小数点部分は256以上になるとステータスが1上がる、というものらしいので、下位1ビットを使っても大勢には影響はない、ということのようです。Readmeに「セーブデータを引き継ぐと能力値が256増えていることがあります」とあるのは、この下位1ビットがONになっている場合はステータス値が#$01FFとなる、ということだと思われます。また、ステータス値取得/変更時のビット操作などの処理は$04F820-$04F937に集められています。なのでこの部分は他の変更に使用しないように注意する必要があります。これから実装する予定の「職業ごとにステータスの最大値を変える」という変更はこのパッチをベースに行うつもりですが、ステータス値の限界が上がることによって、オリジナルでは想定されていなかった弊害が起きたり、バランスが崩れる可能性があります。わかっている限りでは以下の2点です。

  1. 運のよさが320を超えるとザキなどの呪文に確実にかかるようになる
  2. 素早さが一定値以上になると確実に先手が取れる(予想)

1点目はドラクエバイナリスレで指摘がありました。対処法の議論がされてたと思いますが、ログが今見当たらないのでとりあえずパスです。2点目は目に見えないと思いますが、500近くまで素早さを上げてしまうと確実に先手が取れてしまい、ゲームのバランスがおかしくなります。モンスターの素早さの値の最大値が255でサイズが1バイトなのでこれも簡単には拡張できません。次回はこの点についての考察を続けようと思います。

*1:プレイヤーキャラクター


DQ3 使用できる呪文の変更2

残りは戦闘行動の設定と呪文習得の設定です。まず戦闘行動ですが、必須の設定項目は

  • 行動プログラムアドレス(6-8バイト)
  • 対象数(21バイト目0-1ビット)
  • 選択対象(22バイト目0-2ビット)

続きを読む


スポンサーリンク

DQ3 使用できる呪文の変更1

※2009/05/01 23:30追記。プログラム中の戦闘呪文数を変更するというコードを追加しました。

今回はプログラムの変更はありませんが(嘘でしたちょっと必要あります)、自分が作業していて試行錯誤が必要な作業だったのでその手順を説明することにします。新しい呪文を追加するにはまずコマンドウィンドウ上でその呪文が選択できないと話が始まりません。というわけで、実際に実装を行う前の準備として新しい呪文をPC*1が覚えて使える状態にしないといけないわけです。プログラムの修正はあまり必要ないですが、そのかわり関係する部分がいろいろとあるので、1ヶ所直せば終わりとはいかないので、別の意味でやっかいです。

続きを読む


DQ3 専門職以外の呪文の効果を3/4にする4(呪文説明文編)

しょっぱなから思わぬ長さになってしまい、先が思いやられるわけですが(正直他の調べものの時間が稼げるというのもありますが)、「専門職以外の呪文の効果を3/4にする」の最終回です。呪文の説明文は行動説明: $0233E0*1で定義されています。実際の文字列の中身自体は固定文字列: $190300*2にあるのでそちらを変更します。DQ3SFCEditorでは固定文字列をエディタ感覚で変更できるので内容さえ決まれば2秒で反映できます。さて、今回の変更によって説明文とそぐわなくなるのは、ホイミ・べホイミ・ベホマラー・ベホマです。それぞれオリジナルでは「HPを30~回復」「HPを80~回復」「HPをかんぜんに回復」となっているので、本職以外で使用すると看板に偽りありとなります。細部までこだわってもしょうがないのでとりあえず「HPを20~回復」「HPを55~回復」「HPをかなり回復」としました。ベホマの説明文はかなり苦しい表現ですね。他の変更が終わって余裕があれば職業によって説明文を変えるという変更もやってみようかと思いますが、とりあえずこれで一連の変更はおわりです。最後に記念写真。

20090430235701.jpg*3

*1:拡張パッチで場所が移動しています。これは移動後のアドレスです

*2:拡張パッチで場所が移動しています。これは移動後のアドレスです

*3:キャラクターの名前は他意はありませんw


スポンサーリンク

DQ3 専門職以外の呪文の効果を3/4にする3(移動中回復呪文編)

前回に続いて今回は移動中の回復呪文の変更をします。移動中の呪文等の処理は$030B31に3バイトずつのアドレスの配列で定義されている中にあります。ホイミ・べホイミ・ベホマはSR: $091217、ベホマラー・ベホマズンはSR: $09128Fで処理を行っていますので、この中を変更することになります。まずホイミ・べホイミ・ベホマです。$091245で対象の行動番号をXにセットし、$091248で数値設定アクセス+ランダム値決定(味方のみ)SR: $09B3Aをコールして回復量を取得しているようです。というわけで基本このSR: $09B3Aをコピーして一部に条件判断を加えて実装することにします。

続きを読む


1 62 63 64 65 66 67