Snes9X 1.51自動SS保存機能追加版リリース

今までバグ報告を受けても「SS*1を送ってくれ」と依頼するたびに自分でも「いい加減無茶ぶりだなあ」と思っていたわけですが、よほど特定の状況で確実に再現できるバグ以外は問題が起きてしまってからは再現させるのが非常に面倒だったり不可能だったりするわけで、DQ6インターフェース改良パッチに至っては手元でもフリーズする現象が起きたのは確認できたものの再現方法がわからず、さすがにヤバ目のあるバグがあるとわかっているものを正式リリースするわけにもいかないので放置している状態です。

そもそもいつフリーズが発生するかをプレイヤーに意識させてちょこちょこSSを取りながらテストプレイしてくれというのも無理な話なので、「自動でSSを定期的に保存するように出来ないか」と思い、少し前からSnes9Xのソースをダウンロードしてビルドできないか試していました。結論として一応意図したものが出来たので、テストプレイには是非これを使っていただき、問題が起きた時には直前のSSを送ってもらえば手元ですぐデバッグにかかれるのでは、というのが狙いです(バージョン1.51にしているのは現在手に入るSnes9XのDebuggerが1.51だからです)。

現状は約10秒に1回SSを自動で保存し、000から599まで連番で保存していき、599に来たら000にまた戻って保存していく、という動作になっています。それ以外はソースには一切手をつけていないので、オリジナルのSnes9X 1.51と同じ動作をするはずです。手元でDQ6をプレイしてテストしていますが、下ムドー撃破までは問題なく動いているようです。1点気になるのがEXEのサイズがやたらと大きく、3MB近くになってしまいました(オリジナルは500KBくらい)。Windows7 32bitでしかテストしていないのでWindows XPで動作するかは不明。例によって「ダウンロード」ページにうpしてあります。

まさか自分が必要に迫られてSnes9Xをソースからビルドすることになるとは思っていなかったので、ネットで資料を漁るはめになったわけですが、参考になったのは以下のリンクです。奇しくも両方共はてなの中にありました。

*1:ステートセーブ

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。