SFCGENEditor 1.2.2リリース

ダウンロード」ページにうpしてあります。バイナリパターン検索でROMの一番最後のバイトから始まるパターンで(厳密に言えば若干違うのですが)検索すると100ヒットで検索が中断しない場合にアプリケーションエラーでいきなり落ちてしまう問題が見つかったので修正しました。変更中のRomやRommapを保存する事もできないのであまりよろしくないバグです。他にもバイナリパターン検索のバグの修正をしました。
スポンサーリンク

コメント

  1. 中の人 より:

    SFCGENEditorのような便利なツールを提供していただき、とても重宝して使わせていただいております。
    少し気になった事があり、コメントさせていただきます。
    DQ6->DQ3にモンスター画像を移植しようと思い、ipsでエクスポートする機能を何度か試しましたが
    ハンドルされていない例外が発生し、パラメータcountが負の値になっているとのエラーが出ます。
    自分のアドレス指定が間違っているのかと思い、こちらで紹介されているアドレスと手順そのままで
    何度か試行しましたが、結果は同じでした。VS Express 2013はインストールして使っているので
    .NET関係は揃っていると思うのですが、自分では原因が分かりません(ちなみにwin7 64bit使用です)。
    それなら、ということで、DQ6のスプライトグラフィックインデックスをsprファイルで出力して
    それをDQ3のアドレスに修正するツールを自作し、変換後DQ3にバイナリエディタでコピーすることにしたのですが、
    sprファイルではどうやらスプライトIDの0000がFF01に書き換えられているようなのです。
    試しにID166(0xA6)スライムナイトをそのままspr出力してエディタで比較してみたのですが、
    (DQ6の30F1F1~がスライムナイトです)
    DQ6 30F2A0 5A 56 5A 00 00 6C
    spr 0000BF 5A 56 5A 01 FF 6C
    こんな感じになっていました。
    0000以外なら問題ないので0000を使わず、C020などに同じものを用意してsprファイルにすると、期待通りの動作になりました。
    以上、ご報告させていただきます。長文失礼しました。

    管理者より返信:

    使っていただきありがとうございます。使ってもらってなんぼのものなので。DQ6< ->DQ3のモンスターグラフィック移植機能はここ数年すでに使っていない機能&当時の自分の使い方で問題なければOKという状態なので特定の条件でしか動作しない可能性はあります。再現できて修正できれば修正します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。