生存報告的なもの

ここしばらく完全にサイトの更新も改造作業もサボっていたので「そろそろ再開せんとヤバイなー」とは思ってはいるものの、どうにもモチベーションが上がらず停滞気味です。最近は改造よりも普通にプレイする側に回っているので「何も考えずにできて楽でいい」というのもあります。DQ6 Extendedは移動中の一部の呪文・特技を実行すると1回おきに意味不明の動作をするという現象が目下のデバッグ対象なわけですが、あまり身に覚えがないので正直「面倒くせえなあ」というのが先に立ってしまい、デバッガは起動しているもののブレークポイントをセットしてテストするのが億劫という始末。とはいえ、これが解決したと言ってもDQ6をDQ3でやったような大幅な変更ができるのかというのも見えないというのもやる気が出ない一因かもしれません。当然クリア後に何かボスが追加できないかと考えるわけですが、現状一番移植が楽であろうゾーマは持ってくる気がしません(別のタイトルのストーリーボスを移植するのはなんとも気持ち悪いので)。となるとあとはエスタークか神竜かということになるのですが、PS版4のエスタークはおそらくグラフィックの上限(SNES4BPPを96個)にひっかかるためかなり厳しそうです(全てのアニメーションを左右対称にすれば反転が使えるのでギリギリ行けるのかも)。神竜にしても当然ゼニス王(マスタードラゴン?)のところで出すくらいしか思いつかず、某クローンゲームをなぞってるだけじゃん、という気がするので二の足を踏んでしまいます。ということで、クリア後の拡張も含めてDQ3の改造をやったときと比べて「やれることが少なそう」というのが今のところの見通しです。システム的に弄りたいところはちょこちょこありますが。DQ6の改造をやるやらないはともかく、DQ6 Extendedはそこそこ時間も投入しているので、一応形にしてリリースしたいとは思っています。デバッグはいい加減ゆるゆると再開する予定。

(2015-10-09追記)
上記のバグはウィンドウID2バイト対応による副作用ということがわかりました。バックアップを取っていたので比較的簡単に問題の部分が特定できたのでその点はよかったものの、更に「特定のキャラクターの移動中呪文の説明文がカーソルを移動するとバグる」という問題も見つけてしまったので気が重いです。根っこは1つのような感じですがどう手を付けていいものかまるでわからないのが困りものです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 真のDQ6希望 より:

    DQ6 Extendedを楽しみにしています。
    せっかくDQ6を改造し、何かを加えるならば、ぜひ本編でカットされたであろうストーリー部分を補完して頂きたいなと思います。
    例えば、
    ・バーバラは元はドラゴンだったのが人になった姿。笛でドラゴンに変身し勇者を魔王の城へ運ぶ。
    ・チャモロのいるゲント族は精霊ルビスにより人間になりたかったホイミスライムが人間になったのが
     祖先。(なのでモンスター用の武具が装備可能)ルビスの命で勇者に船を貸し、魔王の島に運ぶ。
    ・人間(主人公)とドラゴン(バーバラ)との間に生まれるのがEDのマスタードラゴンの誕生。

    等々いろんな説があり、これらのセリフやイベントが入るともっとDQ6のストーリーがしっくり来るのではないかと思います。

    管理者より返信:

    バーバラ絡みの話はもうちょっと説明があってもいいんじゃないとは思っていますが、そういえばEDのタマゴの中身がマスタードラゴンになるんでしたっけ?安易にゼニス城の玉座にいるからあれの正体をドラゴンにすればいいじゃんとか考えていましたが、そうも行かなそうですね。

    DQ3 K.Mixの初回クリア前あたりの話はもともと変える予定はなく、作業しているうちに思いついたので今回ももしかしたらいい案が作業をしているうちに思いつくかもしれませんがwww、オリジナルがある程度みっちり詰まっているので「正直補完するところはあんまりないなあ」という感じです。断片的に案はあるので追加でいくつかねじ込むことは可能だと思いますが。

  2. 匿名 より:

    お疲れ様です。DQ6はシステム面では大体出揃った感がありますから、弄るとなると確かにやること少なそうですね。6と言えば3以来久々にダーマ神殿で転職できる、と言うのがウリの一つだったと思うのですが、転職を続けていくと結局全てのキャラの使える呪文と特技が似通ったものになる(3でもこの問題はありましたが)と言う事と、6の場合は結局転職が強要され、一つの職に絞って最後までプレイする事が困難・・・という2点が気になってましたので、例えば職業ごとに苦手な呪文&特技(他の職で覚えても、特定の職では使えない、もしくは使うのに一定の職業レベルを上昇させる必要がある呪文&特技)を設定して、全ての呪文&特技を使わせないようにする…とか、職業レベルの最大値をもっと上昇させる、とかの方面で改造するのはどうでしょう?後は9にあった、魔法版会心の一撃」を追加するとか。

    管理者より返信:

    DQ6は奇しくもFF6と同様鍛えすぎるとキャラ個性が殆どなくなるというのは個人的にどうかと思う点ではあります(各キャラ固有コマンドがない分FF6よりヒドイかも)。結局最終的にはキャラ差はHPMP攻撃力守備力の違いになってしまい、バーバラをはじめとする魔法系キャラが割を食うというどっかで見たパターンに陥っているように見えます。さらに職業特性によるステータス補正により柔らかいキャラクターが更に柔らかくHPも低めになるためにせいぜいがマダンテを一発打って馬車に引っ込めるくらいしか使いどころがないというのはなんとかしたいところです。

    案として職業熟練度上昇による特技習得を半分にしてその分DQ9のようなステータスを固定値で底上げすれば魔法職でもそこそこいけるんじゃね、と思ったんですが、結局スタメンの連中も同様に底上げになってしまうので差が埋まらないことになるのではという結論になり、今のところこの案はボツにしています。

    転職してもマスターした特技が使い放題になるのはどうかと思うのでDS版DQ7のように「その職業についている場合のみ一定レベル以上の特技を使用可能」はやろうかなと思っています(さらに上級職の場合はその職業になるのに必要な下級職の特技も解禁とか)。個別の細かい案についてはこちらのエントリに大昔に書いたものがあるのでそちらを見てみてください。この通りにやる(やれる)かどうかは別として。

  3. 名無し より:

    職業はドラクエ7にあったような最上級職としてゴットハンド・天地雷鳴士?・勇者みたいな感じで
    追加とかどうでしょうか?幸い上級職は6つあるので2・2・2で使えると思います。
    上でバーバラのコメントが出てますが恐らく・・・あのEDの卵がマスタードラゴン銀なのかなと思います。
    ビクトリーでミレーユが吹いた笛で黄金のドラゴンの名前がマスタードラゴンになってましたし。ドラクエ10の時のインタビューで堀井さんが黄金竜はバーバラとも言ってたのでバーバラ=黄金竜=マスタードラゴン(金)あたりはほぼ確定なのかな

    管理者より返信:

    DQ7のように職業ピラミッドをこれ以上高くするつもりは今のところありません。天地雷鳴士とか自分の中ではネタがなくて無理やりひねり出した感が強いのでなおさらです(だいたい職業をこれ以上増やしても習得させる特技のネタがない)。DQ7のようなプレイヤーキャラがほぼ固定になっている上にあの長さならDQ6以上にピラミッドを高くしないと間が持たないのだと思います。それをDQ6に適用すると後から仲間になったキャラほど今以上に割を食うことが予想されます。ある程度ドラスティックに変える案はないことはないんですが。マスタードラゴン関係についてはやっぱりDQ6(というか天空シリーズのタイトル間の関連性)にあんまり思い入れがないんですかねえ…金とか銀とか言われてもさっぱりという状態なんでその辺は何らか思いつくまでペンディングとします。

  4. すらきち より:

    改造マリオやタクティクスオウガのハックロムは知っていましたが、ドラクエでもここまでできるんですね!
    ドラクエ3のパッチを当ててプレイ中です。最初はタンス開けられなかったりいろいろ凝ってますね。
    このクオリティだとドラクエ6にも期待しちゃいますが、モチベーションがあがらないならやめちゃってもいいのでは?
    本人が楽しめないとこういう趣味事は続かないです。

    管理者より返信:

    DQ3の改造についてはコンセプトとして「やるなら徹底的にやる」と決めていたのでああいうものになっています。DQ6についてはこのエントリの上の方でやるやる言っておいて作業(改造作業ではなくそのベースとなるパッチの作成)すら結局この1ヶ月間全く手を付けていない始末なのでまあ現状すでに仰るとおりの状態です。他人に強制されてやるものではないというのは重々承知しているのでその辺についてはご心配なく。DQ6は問題視されている職業システムについてはある程度方向性を持ってやりたいことは固まりつつあるんですが、ストーリー面についてDQ3のような改造ができるかというと甚だ疑問です。とはいえここのネタにも困るんでとりあえず途中で止めていたDQ6の戦闘部分の解説エントリでもやってればそのうちやる気になるんじゃないかと今書いてて思いつきました。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。