DQ3 ストーリー変更(メルキド襲撃1)

今回からアレフガルド以降の個別の変更に移ります。まず例によって改造の方針を決めます。

  1. 銀の竪琴を持った状態で宿屋のガライに話し掛ける。
  2. タイミングよくww、モンスター襲撃の報を兵士が知らせに来る。
  3. ガライとともに街の入り口にいき、銀の竪琴をガライが弾き続けることでモンスターを1点に集中させる作戦により6連戦。この間メニューを開いての回復行動はできないようにする。
  4. ボスを倒す。
  5. 画面を暗転させ、メッセージを表示した後メルキドの宿屋に移動し、イベント終了。

DQ6の現実世界のライフコッド襲撃と似ていますが、一度やってみたかった「雑魚モンスターとの移動中回復が出来ない状態での連戦」を実装することにしました(よく考えたらDQ6でも格闘場で似たようなシチュエーションはありますね。まあ死んでも残念でしたで済む格闘場とはガチ度が違うということで)。毒攻撃をするモンスターを用意してターン毎にHPが減るようにすると難易度が上がりそうです。イベント全体のぼんやりとしたイメージはあったんですが、イベントの締めのボスについてあんまり考えてませんでした。「町襲撃を指揮しているボスがいる」という設定にして、DQ6からかくとうパンサーまおうのつかい(まおうのつかいは追加ダンジョンのボスに配転します)に登場してもらおうかと考えています(簡単に移植できるようになったからってすぐ頼るのはよくないかな…。とはいえ自分では描けないのだからしょうがないww)。細かいポイントとしては

  • イベント中のBGMは通常戦闘の音楽にし、途切れさせない。宿屋から出てもBGMがリセットされないようにする。戦闘に入るとき、戦闘勝利時、レベルアップのBGMもなくし、最後のボスを倒すまでノンストップで戦闘BGMを続ける。
  • イベント中の街の人々の動作を変える(ねっころがってるのは変?)。
    • 宿屋を宿泊不能にする代わり、別のHPMP回復手段を用意する。
    • 処理が面倒になるので、民家2F、格闘場へは移動できないようにする。
  • イベント中に全滅した場合に再チャレンジの時のセリフを変える。
  • イベント後は町の人々が(一部)働くようにする。

といったところです。次回から実装を行います。

(追記)
一応このイベントは追加ダンジョンの攻略を可能にし、光の鎧のヒントを表示させるキーイベントという位置付けなのですが、このイベントを発生させるためのヒントがどこにもないですね。ドムドーラにいる詩人にヒントをしゃべらせるようにする予定です。

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。