DQ3 「みのまもり」を導入する5

前回はレベルアップのところで力尽きてしまったので今回は転職時、すごろく!マークでの変更を行います。

  • SR: $0469C9 転職時ステータス変更
0469F6JSL $05FCD8SR: $05FCD8転職時身の守り変更
  • SR: $05FCD8 転職時身の守り変更(新SR)
05FCD8LDA $001D,XA=$7E001D+X
05FCDBXBAExchange A(HighByte) and A(LowByte)
05FCDCSEP #$20m=on(A/M:8b)
05FCDELDA $001E,XA=$7E001E+X
05FCE1AND #$01A&=#$01
05FCE3REP #$20m=off(A/M:16b)
05FCE5XBAExchange A(HighByte) and A(LowByte)
05FCE6JSL $05FDA6SR: $05FDA6身の守りをシステム最大値でクリップする
05FCEALSRA>>1
05FCEBJSL $041F3BSR: $041F3B身の守り変更
05FCEFRTLreturn

特にこれといったことも無し。次はすごろく場ですが、結局最大HPは除外し、身の守りを出目の3に割り込ませ、体力、賢さ、運の良さをそれぞれ1ずつ後ろにシフトします。ステータス変更時の出目の値と対応するステータスは以下のとおり。

出目ステータス
1
2素早さ
3身の守り(体力から変更)
4体力(賢さから変更)
5賢さ(運の良さから変更)
6運の良さ(最大HPから変更)

  • SR: $05868B すごろく強さ変化処理(さいころ/種類確定)
058773JSL $0737BESR: $0737BE 引数:1#$10E9メッセージ表示「…のみのまもりが」
058788JSL $07CC2BSR: $07CC2Bすごろく身の守りアップ処理
058795JSL $07CC61SR: $07CC61すごろく身の守りダウン処理
0587AFCMP #$0004A==#$0004?出目4なら体力変更処理にジャンプ
0587B7CMP #$0005A==#$0005?出目5なら賢さ変更処理にジャンプ
0587BFCMP #$0006A==#$0006?出目6なら運のよさ変更処理にジャンプ
0587C7CMP #$0003A==#$0003?出目3なら身の守り変更処理にジャンプ
  • SR: $07CC2B すごろく身の守りアップ処理(新SR)
07CC2BSTZ $C175$7EC175=#$00
07CC2EJSR $8DB8SR: $078DB8
07CC31LDX #$0000X=#$0000
07CC34LDA $C0FF,XA=$7EC0FF+X
07CC37BEQ #$20if(z==on) goto $07CC59
07CC39JSL $041EF3SR: $041EF3 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$1A身の守り取得
07CC40JSL $041F6BSR: $041F6B 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$18すごろく場・種使用時の身の守りステータスアップ処理
07CC47PHAPush A
07CC48JSL $041EF3SR: $041EF3 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$FF身の守り取得
07CC4FSECc=on
07CC50SBC $1AA-=$00001A
07CC52STA $C175$7EC175=A
07CC55PLAPull A
07CC56JSR $8D83SR: $078D83行動主体の情報セット?
07CC59INXX++
07CC5AINXX++
07CC5BCPX #$0008X>=#$0008 ?
07CC5EBCC #$D4if(c==off) goto $07CC34
07CC60RTLreturn
  • SR: $07CC61 すごろく身の守りダウン処理(新SR)
07CC61STZ $C177$7EC177=#$00
07CC64JSR $8DB8SR: $078DB8
07CC67LDX #$0000X=#$0000
07CC6ALDA $C0FF,XA=$7EC0FF+X
07CC6DBEQ #$24if(z==on) goto $07CC93
07CC6FJSL $041EF3SR: $041EF3 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$1A身の守り取得
07CC76JSL $041FCASR: $041FCA 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$18すごろく場の身の守りステータスダウン処理
07CC7DPHAPush A
07CC7EJSL $041EF3SR: $041EF3 引数:1#$06 引数:2#$FF 引数:3#$FF身の守り取得
07CC85PHAPush A
07CC86LDA $1AA=$00001A
07CC88SECc=on
07CC89SBC $01,SA-=Stack($01)
07CC8BSTA $C177$7EC177=A
07CC8EPLAPull A
07CC8FPLAPull A
07CC90JSR $8D83SR: $078D83行動主体の情報セット?
07CC93INXX++
07CC94INXX++
07CC95CPX #$0008X>=#$0008 ?
07CC98BCC #$D0if(c==off) goto $07CC6A
07CC9ARTLreturn

20110312030251.jpg

これまた特筆すべき点はなし。さて、次回は残りの登録所での身の守りの扱いについて登録所での性格決定ルーチンの解析もしながら作業していきます。

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。