DQ3 呪文・特技エフェクトの移植可能性の調査2

少し進展がありました。ギラの炎のエフェクトはBG12のデータ1枚をパラパラ漫画の1枚として扱っているようです。

  • SR: $049826 ギラ系エフェクト
049838LDA #$0361A=#$0361炎の色のパレットアクセスID?
04983BSTA $4F74$4F74=A
04983ELDX #$0000X=#$0000
049841LDY #$0008Y=#$0008
049844LDA $4F7CA=$4F7C
049847BEQ #$03if(z==on) goto $04984C
049849LDY #$FFF0Y=#$FFF0
04984CLDA #$0013A=#$0013ギラ用炎のアニメーションID?
04984FJSR $B65BSR: $04B65B呪文使用時エフェクト描画用データセット

このSR: $04B65Bが肝だったようです。この中でSR: $0476C8を呼んでいるのですが、この中を見てみます。

  • SR: $0476C8 呪文使用時エフェクトアドレスアクセス
0476F8JSL $C90501SR: $090501 引数:1#$00 引数:2#$0003 引数:3#$C542A6 引数:4#$02構造体アクセス Y番目の先頭アドレスを$00,第4引数にセット

$05418D-0541D7に25レコードのアドレスが指定されています。ギラの実行時に指定されているアドレス($C10B3B→$010B3B)に可変のエフェクトデータが格納されています。データの内訳は

$00表示時間(フレーム数?)
$01-2BG1,2ID

をの3バイト1セットとして、$00にFFがくるまで繰り返します。つまり画面全体にかかるようなエフェクトはBG1,2データを画面に重ねて描画している、ということのようです。ここまでくればあと画像をDQ6から移植できれば再現は可能ではというところまできました。

(24:00追記)
画像を手動で移動するのは骨が折れるしミスの元になるのでDQ3SFCEditorに画像ぶっこ抜き機能を追加して移植してみました。たしかにエフェクト自体は移植できましたが、色がまだ白(恐らくウィンドウのフレームの色)いままです…。もう少し調査の必要がありそうです。

スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。コメントは管理者の承認後表示されます。